ロータス横浜ロゴ

ロータス横浜 会社概要
お問合せ
デスティーノ ロゴ

ロータス ニュース

F1 2014 シンガポールGP

2014.9.22

F1 2014 ベルギーGP ロータスチーム

9月21日(日)に、2014年F1第14戦、シンガポールGP決勝がマリーナ・ベイ・サーキットで実施されました。

土曜日に行われた予選ではわずか0.007秒差でメルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得し、チームメイトのニコ・ロズベルグが2番手に入りました。ダニエル・リカルドとセバスチャン・ベッテルのレッドブル勢がセカンドローに並び、ロータスチームはグロージャンが16番手、マルドナドが18番手からのスタートとなりました。

以下、ロータスチームドライバーのコメントです。

ロマン・グロージャン(13位)

「暑かったね。セーフティカーまではすごく順調そうに見えて、ポイント争いにからんでいたんだけど、リスタートのときに残念ながら激しく攻めすぎたんだ。全力で行きたかったけれど、スローなセーフティカー後の冷えたソフトタイヤで、コーナーでやり過ぎてしまった。そこからは順位を上げてポイントを目指すことができなかったね」

パストール・マルドナド(12位)

「今日は最大限のパフォーマンスを発揮し、強くて安定したレースだった。今週末は序盤に問題が起こっていたから、その点は満足している。セーフティカーが出ている間に、他のドライバーたちより1回多くピットインしたけれど、僕のポジションには影響がなかった。厳しいレースだったし、最後の10周はかなりタイヤに気を使わなきゃならなくて特に難しかったけれど、今日の僕らは最高のレースができたと思う」

ハミルトン優勝、ロズベルグはリタイアに終わる

レースは60周目に2時間の制限時間に達し、ハミルトンがトップチェッカーを受けました。今回の結果で、選手権トップはロズベルグからハミルトンに変わっています。

ベッテルの2位とリカルドの3位でレッドブルがダブル表彰台を達成。4位以降はアロンソ、マッサと続き、6位ベルニュはコースのリミット外でアドバンテージを得たために5秒加算ペナルティを科されましたが、それを適用してもポジションは変化なし。7位からはペレス、ライコネン、ヒュルケンベルグ、マグヌッセンまでがポイントを獲得しました。

F1 2014 シンガポールGP 結果

〜 Result 〜
順位ドライバーチームタイム / リタイアPIT
1ユナイテッド・キングダムルイス・ハミルトンメルセデスAMG2:00:04.7952
2ドイツセバスチャン・ベッテルレッドブル+13.5342
3オーストラリアダニエル・リカルドレッドブル+14.2732
4スペインフェルナンド・アロンソフェラーリ+15.3893
5ブラジルフェリペ・マッサウィリアムズ+42.1612
6フランスジャン・エリック・ベルニュトロ・ロッソ+56.8013
7メキシコセルジオ・ペレスフォース・インディア+59.0384
8フィンランドキミ・ライコネンフェラーリ+1:00.6413
9ドイツニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア+1:01.6613
10デンマークケビン・マグヌッセンマクラーレン+1:02.2303
11フィンランドバルテリ・ボッタスウィリアムズ+1:05.0652
12ベネズエラパストール・マルドナドロータス+1:06.9154
13フランスロマン・グロージャンロータス+1:08.0293
14ロシアダニール・クビアトトロ・ロッソ+1:12.0083
15スウェーデンマーカス・エリクソンケータハム+1:34.1882
16フランスジュール・ビアンキマルシャ+1:34.5433
17ユナイテッド・キングダムマックス・チルトンマルシャ+ 1Lap3
-イギリスジェンソン・バトンマクラーレンリタイア3
-ドイツエイドリアン・スーティルザウバーリタイア4
-メキシコエステバン・グティエレスザウバーリタイア2
-ドイツニコ・ロズベルグメルセデスAMGリタイア1
-日本小林可夢偉ケータハムリタイア0

※タイム / リタイア=タイムとリタイア、 PIT=ピットストップ回数

← News一覧に戻る

ロータスニュースのページへ

採用情報

  • 横浜ショールームのブログへ
  • 整備工場ワークスのブログへ
  • 板金塗装工場カロッツェリアのブログへ
  • パーツ部門リキャンビのブログへ

F1 2014 ロータスチーム

F1 2013 ロータスチーム

お問合せはこちら